スポンサーリンク

明けましておめでとうございます!2017年は「酉年」ですね。金沢ではお正月の期間にふさわしい展示を「無料」で楽しめる場所がありますよ。運気を高めつつ、金沢の伝統文化に触れたい方にとってもおすすめなので開催場所や期間など個人的な感想も含めてご紹介したいと思います。

金沢で「酉/鳥」にちなんだ着物に囲まれて運気UP!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
img via ISHIKAWA19

2017年は酉年ですね。正確には「丁酉 (ひのととり)」といい、「丁」=「火の弟(ひのと)」で「金」を意味する「酉」が「火」で溶かされるということで「安定成長期に入った新しい事業などが阻害される」という暗示が秘められた年になるとか。昨年おみくじでめずらしく「大吉」を引いてすっかり大絶頂だった私は今年は気を引き締めて行きたい所です。

金沢は「金箔の製造が日本一」ということで今年は早速、金箔屋やお土産屋にさまざまな「金×酉」のグッズが並んでいますが、風水的な観点で、その年の干支グッズはあらゆる方面で運気を強化してくれるラッキーアイテムなのだそうです。

そんな鳥が描かれた様々な「着物」が一堂に見られる展示が金沢市内で開催しているということで早速見に行ってみました!

鳥の模様の花嫁のれんや日本庭園など一見の価値アリ!

スポンサーリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
img via ISHIKAWA19

生憎、会場内の作品の撮影はNG!だったのでOKだったお玄関とお庭だけこちらで紹介させて頂きます。お玄関の扉を開けてすぐの所にどーん見えるのは鳥模様の美しい「花嫁のれん」です。「花嫁のれん」はノンフィクションドラマで全国的にも有名になったかとは思いますが、石川県では嫁入りの際に婚家の仏間の入り口に掛け、花嫁がそこくぐることで婚家の家系に入る事を決意し、またご先祖さまに報告するという物です。

また、入って右手のお部屋にも「鶴」や「鴛鴦(おしどり)」などおめでたい模様の花嫁のれんが10点も掛けられていました。どちらの作品も江戸後期から昭和初期にかけて制作された貴重な物でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
img via ISHIKAWA19

その他にも4つお部屋があり、所々に粋な生け花も見られます。ボランティアの方が生けられたそうですよ。

日本庭園も綺麗にお手入れされており、雪吊りが施されていて雪が降ったらまた風情が増すのだろうなと思いました。

ちなみにこちらの展示は金沢の老舗の呉服店の会長で刺繍研究家の花岡慎一氏の研究の為にあつめられたコレクションです。のれんの他にも真っ赤な生地に金の鳥模様の刺繍の立派な着物や「夜着(よぎ)」というめずらしい掛け布団や、襦袢に風呂敷、袱紗なども展示されています。

貴重な「鳥」にまつわる着物の展示が無料で見られるのでこの期間に金沢に来られる方にはとってもおすすめです。

開催場所や期間アクセス、駐車場は?

21世紀美術館から徒歩ですぐ、「石亭」という料亭の横道を入って行ったところにありますよ。

花岡コレクション「加賀のお国染め展」鳥の模様いろいろ〜干支にちなんで〜

【開催期間】2017年1月4日(水)〜1月15日(日)

【時  間】10:00~18:00 *金・土は20:00迄(15日の最終日は17:00まで)

【開催場所】石川国際交流サロン

【入場料】無料

【定休日】9日(月)は休館

【駐車場】無し(21世紀美術館や近隣のコインパーキングをご利用ください)

【問合せ】TEL: 076-223-8696

【主 催】加賀染織研究会

金沢で着物をレンタルするならどこがおすすめ!?

おわりに・・・

かなり貴重な着物の数々が無料で日本庭園も眺めながら見られるので一見の価値ありです。

新年に「鳥」にちなんだ素晴らしい作品が見られて何だか運気が上昇した気分になりました♪

会場には呉服店のスタッフさんが2名ほどいらっしゃいますが、着物を売りつけてくるわけではないのでご安心下さい。むしろ、作品に関して質問すれば気さくに答えてくれますよ。

また、会場から徒歩5分ほど、広坂の交差点にある「今井金箔」さんでは酉年にちなんだ様々な金箔商品や今話題の「加賀梅酒」に金箔入りのお酒なども販売していました。運気UPに是非、こちらも立ち寄ってみられてはいかがでしょうか?

最後迄、お読み頂きありがとうございます!ブログランキングに参加しています「1クリック」で応援、宜しくお願いします 🙂


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]