スポンサーリンク

子供料金が無料で話題となった豪華客船「コスタビクトリア」が2017年は新たに「コスタネオロマンチカ」で金沢発着が増えました!今回はまだ割引が間に合う!?耳寄り情報と金沢発着のコースとその料金、駐車場情報をまとめてご紹介します。

コスタ ネオロマンチカとは?

コスタネオ01

 コスタネオロマンチカはイタリアのコスタクルーズ社が所有する豪華客船の1つです。ネオロマンチカの「ネオ」は「コスタ ロマンチカ」が2012年に大改装した後に付け加えられました。それはコスタビクトリアと比べると船自体は小さいことにより、より魅力的な港へ寄港が可能になった事やカジュアル船でありながら、プレミアムクラスに近い客船が楽しめるという「進化」を意味しています。

コスタビクトリアとの違いは?

  全長 乗客定員 客室(室) 総重量
コスタビクトリア 252.9m 2,394人 964室 75,116トン
コスタネオロマンチカ 220.52m 1,572人 789室  56,769トン

小型化で寄港地などで乗り降りの時間も短くなりますね!

 

金沢発着2017年のコースと料金は?

スポンサーリンク

小型化された事により2017年に追加された魅力的な寄港地と言えばロシアの「ウラジオストク」です!

それではコースとスケジュール、料金紹介です。

スクリーンショット 2017-05-17 午後10.30.48スクリーンショット 2017-05-17 午後10.31.12

2017年4~10月金沢発着コスタ公式パンフレット

コースは5つで最短がAコースの4泊5日[金沢→釜山→博多→舞鶴→金沢]で出発日が7月28日のみですが旅行代金としては最安で62,800円〜(大人1人・スタンダード・クラシックタイプの部屋)になります。

気になるウラジオストクがあるのはCコースの7泊8日で[金沢→ウラジオストク→束草→釜山→博多→舞鶴→金沢]こちらは最安料金は(5月28日か6月24日発)98,800円〜(大人1人・スタンダード・クラシックタイプの部屋)になります。

料金には移動・宿泊・食費(朝・昼・夜+軽食や夜食など食べ放題)+船内のスポーツジムやイベントが含まれますが船内チップ、港湾税、寄港地観光(オプショナルツアー)、アルコール類、一部のカルチャー教室などは含まれません。

コスタビクトリアと同様、大人2名以上の申し込みの場合、こども(6ヶ月以上〜12歳以下)料金が無料なのでご家族には超おすすめです!

耳寄り割引情報!

早割は昨年2017年3月15日までとされていましたが、最近になって割引が再開していたようで2017年5月末までの申し込みなら30%の割引が適用されるそうです!!

どの旅行会社でも適用されるようですが、個人的には大手のJTBが安心でおすすめです 😀

検討中の方はお急ぎ下さい〜!

おわりに・・・

いかがでしたか?コスタクルーズの「コスタネオロマンチカ」の金沢以外の発着地は「福岡」「舞鶴」ですよ。ご家族で豪華客船に楽しい旅を実現してみたいものですね〜!2017年は金沢に就航する豪華客船がグンと増加しています。客船見学に行ってみるのも楽しいですよ!

<情報出典・各種資料>コスタクルーズ公式サイト

今日も最後まで読んでくれてあんやとね!

ISHIKAWA19は何位け? バナークリックで金沢市のブログランキングが見られるよ〜 🙂


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]