スポンサーリンク

累計600万人以上の入館者数を誇る全国で大人気の水中アート・アートアクアリウムが10周年を迎え、今回地方・北陸地方では初の石川県金沢市にてその出展が決まりました!

記念すべき、10周年のアンバサダーは佐々木希さん

また、今回アートアクアリウムアーティスト・木村英智と特別コラボレーションをされるのは画家・俳優の片岡鶴太郎氏 ( 出身校・東京都立竹台高等学校が同じだそう)でこちらも金沢展ならではのポイント!

今回金沢展での特徴は「公立美術館での開催が初」ということで美術館に相応しい展覧会とするため“アートの真髄を鑑賞できる空間や作品選定”が行われるようです。開催期間やアクセスだけでなく、お得な前売チケットの購入方法や期限、また東京・大阪会場との違いなどもあわせてご紹介します!

開催期間は?

2016年9月16日(金)-10月14日(金) / 会期中無休

日〜木曜日 10:00-18:00(最終入場:17:30)

金・土曜日 10:00-20:00(最終入場:19:30)

混雑時は、入場制限を行う場合があります。作品の写真撮影可能ですが、フラッシュ・三脚・一脚・自撮り棒などの使用および、動画撮影は不可。

 

開催場所とアクセスは?

スポンサーリンク

【会場】金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(石川県金沢市広阪1-2-1 市民ギャラリーA)

開催期間中は駐車場も大変混雑が予想されます。周辺駐車場の情報はコチラをクリックご参考にして頂けます。

 

 

お得なチケット情報は?

  お得な前売り券は当日入場券より100円お得になります!

 

【当日入場券】大人 1,200円/子供(中学生以下) 600円/3歳以下 無料

【前売券価格】大人(高校生以上) 1,100円/子供(中学生以下) 500円/3歳以下 無料

*販売期間は、8月1日(月)~9月15日(木)23:59  迄なのでこの期間をお見逃し無く!!

 

利用期間は、会期中有効。[9月16日(金)-10月14日(金)まで。]※表示価格は、全て税込み。

【購入方法】インターネット販売(コチラをクリック) および

      セブン-イレブン・店頭マルチコピー機(セブンコード:048-764)にて

身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方は、本人と付添介護者1名様のみ、会場窓口販売にて半額料金にて入場可能。

→来場時には必ず証明できる手帳原本(コピー不可)会場入口で提示

21美 友の会の会員様は美術館主催イベントではないので無料にはなりません。

各チケットの払い戻し不可。

その他ー金沢市内「百万石の鮨」加盟店の親父が握るこだわり抜いた“10貫の鮨”をお楽しみいただけるお得なセット券【百万石の鮨ーお食事券付入場券】5000円(高校生以上大人のみ)なども販売中です。

チケットが使えるお寿司屋さんは18店舗で、市内で有名なあのお寿司処がズラリ!事前にお店の予約は必須です。

チケット詳細は公式サイトよりご覧下さいね。

 

【チケットのお問い合わせ 】 0077-787-711(セブンチケットコールセンター/中無休 8:00-23:00)

 ※電話でご注文はできません。

 

混雑予想とその対策

週末、特に土・日は開館前でも10分待ちの大行列。午前中は2時間以上待ちと大変な混雑が予想されます。前売を持っていても並ぶ可能性大です。

空いていそうな曜日は月曜日また、平日の4時半頃から最終入場の17:30迄。

しかし、どうしても週末しか行けない・並びたくない方にはやや割高ですが【優先入場券】がおすすめです!

入場制限時の待機列での待ち時間無く、指定の日時から1時間以内のみ 優先入場ができるチケットです。

[料金] 大人(高校生以上) 2,400円/子供(中学生以下) 1,200円

[指定利用時間] 10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00
        金・土曜日のみ[10月14日(金)を除く] 17:00/18:00

[購入方法] インターネット販売(コチラをクリック) および
      セブン-イレブン・店頭マルチコピー機(セブンコード:048-763)

発券後の再発行はできません。またご購入後の払い戻しはできません。ご注意ください。
指定時間以外は、優先入場できません。指定日時以外にご来場の場合は、〈当日入場券〉の扱いになりますのでご注意ください。

 

週末(土・日・祝)は「サテライト入場券売場」もあります!

片町きららでは会期中の土・日曜日および祝日のみサテライト入場券売場」を開設しているそうです。

チケットは会場でも買えますが、美術館のチケット売り場でチケットを購入するだけでも大行列なようなので、前売券が無く、確実に週末アートアクアリウムへ行かれるなら、片町きららで事前に購入しておいた方が時間短縮になるでしょう。
 
【販売場所】片町きらら  1階本展覧会 〒920-0981 石川県金沢市片町2-2-2

【営業時間】 日-木曜日 10:00-17:30、金・土曜日 10:00-19:30 

【TEL】076-222-0805

  *チケットの料金(当日券)は同じです。

 

類似イベントご注意!

2016年のアートアクアリウム開催は、【大阪】、【東京・日本橋】、【石川・金沢】の3会場です。(大阪会場は9/5に終了)

間違われて類似イベントに行かれた方々からの本展へ苦情が多数寄せられているそうです。

類似の便乗した企画やイベントがあるそうなので、前売り券を買われる際も安いからといってオークション等で購入される場合は十分にご注意ください!

 

東京と大阪の展示との違いは?

異なる点その1:「開催期間」

大阪展は2016年7月6日(水)-9月5日(月)で既に終了

東京・日本橋展は 2016年7月8日(金)-9月25日(日)で金沢の開催期間とやや被っていますね。

 

その2: 展示される「金魚の数」の違い

2016年の今年は「アートアクアリウム誕生 10周年記念祭」大阪と東京では、過去最多の約70種8,000匹の金魚を展示されているようです。金沢展の金魚の数は公開されていませんが、今回金沢展においては片岡鶴太郎氏とのコラボ作品が展示されており「アートの質」が異なるのが一番の見どころではないでしょうか?

 

その3: 「テーマ」の違い

3会場全て「テーマ」が異なります。上に書いたように金沢は「アーティスト感」が漂う感じに。また、大阪は「宇宙」をテーマにした新作展示が、東京では涼を感じていた「江戸文化」を蘇らせる展示になっています。

 

その4: 「入場券」や「割引」の違い

 大阪・東京では「ナイト・アクアリウム」という展示があり豪華DJ・アーティストが出演するクラブナイトを楽しむイベントがあります。チケットも当日券が1000円と金沢より安め!!会場利用料の問題なのでしょうか・・・?

大阪では浴衣を着ていくと割引になるチケットもあったようです。金沢も是非そのようなチケットを作って貰いたいですね!

9月25日までなら東京のイベントにも間に合うので新幹線で「ナイト・アクアリウム」を見に行かれるのもいいですね?

 

おわりに・・・

 10周年を迎えるという事で今迄と違ったテーマと開催場所で魅せる金沢展は「アクアリウムファン」の方はもちろんですが、開催期間中に金沢旅行を計画中の北陸の方や、ご家族連れやカップルのデートスポットには見のがせないイベントですね!

日本のみならず、世界も魅了し続けるアートアクアリウムの金沢展は公開が楽しみです!  

NEW ! -追加情報-

2016年9月27日(火)〜10月7日(金)の期間中、21世紀美術館では人気写真スポットの1つ「レアンドロ・エルリッヒ作《スイミング・プール》」を地下部を展示替えのため閉場しています。ご注意ください。

 

 

最後迄、お読み頂きありがとうございます!ブログランキングに参加しています。「1クリック」で応援、宜しくお願い致します!


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]