スポンサーリンク

再開した小松弥助が紹介制となり「小松弥助」に行きたい!けど、全然行けない!!という「小松弥助難民」の為におすすめの穴場店情報を入手したので公開することにしました。すでに小松弥助ファンの方も要チェックですよ〜!

小松弥助とは?

Photo by Satty

寿司ファンなら既にご存知の方が多いと思いますが、オバマ大統領も絶賛した東の『すきやばし次郎』と並び、評されるのが西の『小松弥助』です。あの、銀座久兵衛の先代大将も『日本一の鮨を握る職人』と太鼓判で、「すきやばし次郎」の店主も密かに通うと言われる寿司通の間では言わずと知れた廻らない寿司の名店です。

小松弥助の歴史や新「小松弥助」の店舗情報はこちらの記事

実はこの記事には書いていなかったのですが、大将の森田さんは実は神戸出身なんだそうです。

お店が小松にあった頃から通っていたという、かなりの食通の私のお料理の先生が教えてくれたのが、「あるお弟子さんのお店」です。そのお店とはー・・・?

 

小松弥助のお弟子さんの有名店と言えば?

スポンサーリンク

森田さんの最後のお弟子さんのお店で有名なのは金沢の鮨・志の助さんではないでしょうか?小松弥助が一時閉店した後も金沢では一番の鮨屋としてささやかれていた名店です。

「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」で星一つを獲得されて、その人気はますます高まっている様でなかなか予約が取りづらいお寿司屋さんではあります。

・・が、今回注目のおすすめ店は志の助さんでは無く、こちらのお店です!!

お弟子さんの「穴場店」はここ!!

小松市内の住宅街にある「田がみ」さんです。

マスターは小松弥助の森田さんの元で約20年修行され、1992年に独立されたそうで、もっとも「小松弥助」の後継者として技を引き継がれていると言われているお店です

小松インターから約10分、小松空港からも車で15分の近さに位置し、金沢市内からだとかなり離れているため、知る人ぞ知るお鮨の名店です

席はカウンター7席のみ

お鮨はネタを取り扱う繊細さはもちろん、シャリが何とも美味しく、お醤油をお客さんのお好みでつけるスタイルという庶民的な感じのお昔ながらのお寿司屋さんですが、そのお味は鮨通を「はっ」とさせる様な感動&安定の美味しさが楽しめる様で多くの常連さんから末永く愛されています。

鮨ネタは

・鬼海老

・甘えび

・さるこえび

・ばい貝

・イカ

・香箱ガニ

・アワビ

・タイ

・ひらめ

・トロ

・雲丹

・いくら

・ネギトロ

・うなきゅう

・・・等々、定番から旬で北陸ならではの珍しいネタが勢揃い。

もちろん師匠森田さんの「うなきゅう」などもしっかりと引き継いでいらっしゃるようです。

 

店舗情報

[店 名]田がみ

[住 所]石川県小松市白江町ワ27

[定休日]水曜

[時 間]11:30~20:00 ランチも営業

[駐車場]あり

[TEL]0761-24-2810

 

金沢弁で最後に一言・・・

再開した小松弥助では紹介制・ランチのみやし、なかなか予約が取れない。せっかく予約がとれたのに行けなくなった・・・なんて人には「田がみ」さんがおすすめやよ!って、言っても鮨通の間では人気の鮨屋やから、必ず予約して行くまっし。

ちなみに「田がみ」さんでも「爆弾おにぎり」の予約はできるんやって。おにぎりのお値段は小松弥助と全く一緒だけれど、若干お安いんやって。予約がとれたらお土産も持ち帰りたいね〜。

<情報・画像出典:食べログ、お料理の先生>

今日も読んでくれてあんやとね!バナークリックで金沢市のブログランキングが見られるよ〜 🙂


人気ブログランキング

スポンサーリンク

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]