スポンサーリンク

北陸の冬はのどぐろや甘えび、香箱カニに牡蠣・・・と旬の味覚が沢山ありますが、地酒も美味しい季節ですね!せっかくなら酒蔵見学がおすすめですよ。今回は石川県金沢市内の酒蔵見学が出来るおすすめの場所や時期をご紹介します。

金沢市内のおすすめの酒蔵

やちや酒造

%e3%82%84%e3%81%a1%e3%82%84%e9%85%92%e9%80%a0
img via @nidtyココログ

やちや酒造の歴史

1628年創業の「やちや酒造」さん。創始者「神谷内屋 仁右衛門(かみやちや じんうえもん)」が、お殿様専用の酒造りをするため、加賀百万石の藩祖前田利家公のお供をして尾張の国から移住したのが、やちや酒造のはじまりです。
また、やちや酒造の看板酒「加賀鶴」は1628年(寛永5年)、「谷内屋(やちや)」の屋号と加賀の国の「加賀」とおめでたい「鶴」に「加賀鶴」と酒銘をお殿様から拝受されました。

酒作りのこだわりは?

お殿様からのお墨付きともあって、12軒の農家との契約栽培による酒造好適米「五百万石」を中心に使用しています。吟醸酒は兵庫県産の「山田錦」からつくられており、「山廃仕込み純米酒」は有機米の「五百万石」を100%使用しています。

お水は石川県の医王山(いおうざん)水の恵みを受けて造られています。

また、能登杜氏四天王の1人と言われる山岸昭治杜氏は、現在能登杜氏組合珠洲支部長。杜氏歴21年で全国新酒鑑評会9回金賞受賞した確かな酒造技術の持ち主です。

やちや酒造の酒蔵見学情報

【所在地】石川県金沢市大樋町8-32

【所要時間】約40分

【予約】要予約 *1日3回[①10:30~ ②13:30~ ③15:00~]

【料金】300円(税込み)酒蔵および日本酒製造工程の見学と利き酒コーナーにて試飲*

【定休日】日曜日(月曜祝日の場合は日曜営業で月曜が休み)/1月1日~3日 
     10名様以上の団体の場合、日曜日の見学は相談可

【予約方法】TEL:076-252-7077  又はメール: yachiyasake@gmail.com

試飲のみの場合は200円。見学または試飲の料金300円はお買い物券として利用できるのでお買い物すれば実質無料となります♪

12月〜3月上旬限定「酒作り体験」

冬の仕込時期(12月〜3月上旬)は櫂突き体験ができますよ!
大きなタンクの上にあがり、長い竹の櫂棒でプクプク醗酵している醪を攪拌して頂く体験です。日本酒が本当に生きていることが実感できます。体験後には、絞りたてをお持ち帰り頂きます。 ※時期により、できないことがあります。

【体験日時】期間中の月〜土曜日 10:00~16:30 (11:30 ~13:00は不可)

【所要時間】約60分

【料金】2,000円(税込み) しぼりたて生酒一本(720ml)付き
    *追加300円にて体験の様子の写真付きオリジナルラベルも!

こちらも上記のお電話かメールにて要事前予約です。*定員6名まで

 

福光屋(ふくみつや)

%e7%a6%8f%e5%85%89%e5%b1%8b
img via www.fukumitsuya.com

福光屋の歴史

1625年(寛永2年)創業の「福光屋」さんは金沢では最も歴史の酒造です。日本初の純米酒の酒造という長い伝統の中に常に「旨い、軽い」にこだわった様々な改革を行われています。近年では米発酵の技術を活かし、化粧品やその他の食品作りにも力を入れてその魅力を高めています。

酒作りのこだわりは?

お水は福光屋の真下150mから湧き出る、霊峰白山の「百年水」を使用しています。お米は兵庫県の酒米の最高峰「山田錦」を始め、長野県「金紋錦」、兵庫県「フクノハナ」、富山県「五百万石」を使用。2001年度の酒造りから、全量純米化を実施、全てを純米造りに切り替えました。 日本酒の未来を見つめ、純米酒、純米吟醸、純米大吟醸だけを造る純米蔵です。( 生産高万石単位の蔵では初)

福光屋の酒蔵見学情報

福光屋の酒蔵見学は2種類あります。両方定員は10名までで、実際に酒蔵に入れる方が[A:蔵内コース(有料/ 約90分)]蔵に入らない[B:お気軽コース(無料/ 約30分)]です。以下詳細をまとめました。

  A:蔵内コース(有料/ 約90分) B:お気軽コース(無料/ 約30分)
コース内容 ビデオ鑑賞、百年水の案内、蔵内見学、お酒の試飲 ビデオ鑑賞、百年水の案内、お酒の試飲
料金  500円 無料
見学日時

月・火・木・金・土

10月〜4月:15時開始

*祝祭日・12月23日〜1月5日を省く

月・火・木・金・土

10月〜4月:15時開始 / 5月〜9月: 15時開始

*12月23日〜1月5日を省く

予約方法

TEL :076-223-1161 (平日9:00-17:00)

email: press@fukumitsuya.co.jp 

締め切り予約の10日前まで

TEL :076-223-1117 (平日9:00-19:00)

email: press@fukumitsuya.co.jp

締め切り予約の3日前まで

所在地 〒920-8638 金沢市石引2丁目 8-3  【アクセス】金沢駅よりバスで約20分「小立野」下車 徒歩1分

 

 

酒蔵見学のおすすめの時期は?外国語対応は?

スポンサーリンク

と、いうわけで金沢市内の酒蔵はどちらも事前予約が必要ですね。

ただ、比べてみると、「やちや酒造」さんは締め切りがないので最悪当日でも見学開始時間前にお電話して、定員に空きがあれば参加出来るかもしれません。

それに比べ「福光屋」さんはコースによって最低3日前から予約が必要になりますが、

英語とフランス語の外国語対応をしているので外国人の観光客をご案内する場合は「福光屋」さんがおすすめ

また、10名以上の団体の場合は「やちや酒造」さんがおすすめです。

酒蔵見学おすすめの時期は?

特に12月〜3月です

この時期はどちらの酒蔵でも「しぼりたて」の生酒が飲める可能性が高いので、この時期に金沢で地酒を愉しみたい方は見逃せませんよ★

 

 

おわりに・・・

いかがでしたでしょうか?今回は金沢市内のおすすめの酒蔵「やちや酒造」さんと「福光屋」さんをご紹介しました。

試飲される方は20歳以上はもちろんですが、自転車やバイクなどの運転も禁止ですのでご注意を。また、酒蔵に入られる際は泥酔状態はNG,ヒールの高い靴、強い香水をつけていかないようにしましょう。酒蔵内に入れない恐れもあります。

酒蔵見学の際はマナーを守り、楽しい見学体験をしてくださいね。どちらも魅力的で行ってみたくなりますね!

実際に行かれた方のコメントもお待ちしています♪

最後迄、お読み頂きありがとうございます!ブログランキングに参加しています「1クリック」で応援、宜しくお願いします 🙂


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク