スポンサーリンク

金沢市は新幹線開通後は急速な発展が期待される地方都市として注目されています。当ブログでは国内移住ランキングや食文化が豊かな街、住みたい街ランキングなど様々なランキングでも1位を獲得してその魅力が益々高まっている事が見受けられますが・・・今、国内の首都圏を中心に問題となっている「待機児童問題」ー金沢市は「0(ゼロ)」と言う事でしたが現状は異なる様です。新聞にも取り上げられていた「放課後クラブ」とは?今後の市の対策は?まとまてみます。

金沢の待機児童「0 (ゼロ)」は嘘!?いつから?

赤ちゃん驚き

2015年2月

とあるママさんのブログにて

春から働くというのに、、、第1希望の保育園の行事5回程行って、
点数?稼いだ?と思ったのに、、はい、不承諾ーーー。
 
という内容の記事が目につきました。
 

学校教育情報サイトGaccom (ガッコム)によると石川県 の認可保育所待機児童数ランキング(2016年4月時点)では全ての市が待機児童「ゼロ」になっているというのに・・・

*運営は株式会社ガッコムによりますが、独自の調査で可能な限り正確で有益な学校情報を提供しているよう学校の最新の状況については、利用者の皆様からのフィードバックや情報提供が必要な場合もあるので約束出来る結果ではないようです。

その後が気になって更新情報を見てみたら、同年の4月には何とか入園が決まったようです〜 🙂 

めでたしめでたし・・・

と、思いきや!!

2016年7月付けの地元の新聞によると

『放課後クラブで待機児童 金沢市、105人初確認』

という記事がありましたよ 😯 

一体、どういうことか次に見て行きましょう!

『放課後クラブ』とは?

スポンサーリンク

先ず、記事の内容ですが・・・

金沢市子ども・子育て審議会の子ども・子育て支援専門部会は19日、市役所で開かれ、市側は放課後児童クラブの待機児童が2016年4月時点で105人になったと報告した。市内クラブで待機児童が生じるのは初めて。市は昨年度にクラブの運営や設置に関する条例が施行され、クラブ側の定員管理が厳格化したことが要因とみている。

ちなみに厳しくなった定員管理ですが「児童1人につき1・65平方メートル以上」で、

金沢市によると、従来は定員を多少上回っても児童を受け入れるクラブが多かったのが、条例を受けて厳格に守る傾向が広がったんだそうです。

この『放課後クラブ』というものは一体何かと言うと・・

正式には、放課後児童健全育成事業

と言うそうです。以下、厚生労働省より一部引用しますね。

(1)放課後児童健全育成事業は、児童福祉法(昭和 22 年法律第 164 号。以下「法」とい う。)第6条の3第2項に基づき、小学校(以下「学校」という。)に就学している 子ども(特別支援学校の小学部の子どもを含む。以下同じ。)であって、その保護者 が労働等により昼間家庭にいないものに、授業の終了後(以下「放課後」という。) に児童厚生施設等の施設を利用して適切な遊び及び生活の場を与え、子どもの状況や 発達段階を踏まえながら、その健全な育成を図る事業である。

つまり・・・

 

日中共働きの家族の小学生向けに授業の終了後「放課後」の時間帯から児童館等で遊び・生活の場を提供し、健全な育成を図る事業。

 

なので、「保育園」の待機児童は今の所、ゼロのようです

ああ〜、ややこしい 😡 

金沢市の今後の対策は?

「放課後クラブ」に関しては、金沢市内では88クラブが、4791人の児童を受け入れている状況で、

待機児童の保護者へのニーズ調査を実施するほか、クラブの新設、分割の推進に取り組むそうです。

「保育所」においては?

今のところ金沢市内には112か所の保育所があり、定数は11,000~12,000人です。

 

石川県の総人口(116万人)の約半分(46万人)が集中する金沢市では、地域にもよりますが、

“第一希望の保育所への入所は難しい”

 

と考えた方が良さそうです。

現在、若い世帯が増加し続けている金沢駅西地区では特に第1希望の保育所に入所が困難なんだそうです。

家からなるべく近い第一希望の保育園に落ちてしまうと、自宅より遠い保育所への入所をあきらべざるを得ない親御さんもいるのですが、金沢市はまだまだ車通勤の人が多く、また、比較的街中の保育所には余裕があり紹介することができるため、とりあえず、市から紹介した保育所へ行き、翌年度以降に優先して第一希望の保育所へ入所できるよう配慮されているようです。

ちなみに「病児保育」については、現在は7か所で金沢市においては病児保育はすべて病院併設型で看護師と保育士が病気の子供を預かるようになっています

4,5月やインフルエンザの流行る冬期などは、需要が極端に多くなり、すべての希望者に対応できない場合も出ているようで、今後益々「施設」や「保育士」充実が課題となってくると思います。

おわりに・・・

保育園落ちた日本死ね」で話題になった「待機児童」問題ですが、私の個人的な意見とすれば・・・広い目で見れば日本の広がる「格差社会問題」

狭い目で見ればその責任や課題は「各地方自治帯」に。それから、大都会にばかり人が流れ、「核家族」が広がった事なども原因ではないでしょうか?

金沢市だけでなく北陸3県は今の所待機児童「ゼロ」です

目まぐるしい毎日、特に子供が生まれてからは今を食いつなぐ事で精一杯になるかも知れませんが、一度立ち止まって、様々な人生の選択肢や可能性に目を向けて行動してみれば意外と「現状維持」よりも幸せな未来が待っているのかも知れませんね。

移住ランキングで金沢市が1位?全国幸福度ランキングで石川県がランクイン『その理由』は?

最後迄、お読み頂きありがとうございます!ブログランキングに参加しています「1クリック」で応援、宜しくお願いします 🙂


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク