スポンサーリンク

湯涌温泉限定販売超絶美味しいアイスを発見しました!開湯1300年のお祝いにあたって開発されたあの、マルガージェラートの最新コラボアイスなんですが、私が今迄食べたマルガーのアイスの中ではダントツ美味しかったので、その販売場所や価格に実食レポとアクセスまで、まとめてご紹介します。

湯涌温泉の総湯とは?

湯涌温泉「総湯-外観」img via http://yuwaku.gr.jp/yu/

金沢市内から車で約30分、金沢の奥座敷として知られる「湯涌温泉」は2018年に開湯1300年を迎えます。

総湯の内風呂 img via http://yuwaku.gr.jp/yu/

規模的に大きくはありませんが、中には露天風呂もあります。美人画としても知られる詩人「竹下夢二」も愛したというお湯は透明で肌に優しい滑らかな触り心地です。大正初期には独逸ドイツで開催された万国鉱泉博覧会にて、内閣省の推薦で「世界三名泉」として出展したという折り紙つきの泉質で、現在「日本の名湯百選」にも選ばれており、多くの人々に愛され続けています。

基本情報

[名 所]湯涌温泉総湯 「白鷺の湯」

[営業時間]7:00 ~22:00

[定休日]毎月第3木曜日

[入湯料]大人(中学生以上)380円・中人(小学生)130円・小人(6歳未満)50円

[TEL]076-235-1380

  • 泉 質: ナトリウム・カルシウム -塩化物・硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性温泉)
  • 浴用の適応症: 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・くじき・うちみ・切り傷・関節のこわばり・冷え性・動脈硬化・痔病・慢性消化器病・虚弱児童・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病
  • 浴用の禁忌: 急性疾患・活動性結核・悪性腫瘍・腎不全・呼吸不全・高度の貧血・出血性疾患等
  • 飲用の適応症: 慢性消化器病・慢性便秘・慢性胆嚢炎・胆石症・肥満症・糖尿病・痛風
  • 飲用の禁忌:腎臓病・高血圧症・下痢の時・むくみの時
アクセス

金沢駅東口7番乗り場より「湯涌温泉行き」にて片道600円

さて、そんな白鷺の湯へ最近金沢から車を走らせて行ったのは実は温泉・・・では、無く!第7回湯涌ぼんぼり祭り点灯式でこの日から販売となる「湯涌温泉限定アイス」を食べに行きたくて!という理由でした。(もの凄いアイス好き)

特産品として伝統行事の氷室開きにちなんだ『氷室氷菓(ひむろひょうか)』という名前の新商品が発売開始となったのですが、なんとあのマルガージェラートさんとのコラボ商品という事で、ミーハーなアイス好き金沢人はいてもたってもいられなくなったのであります。

さて、どんな味だったのか?その感想や価格、販売場所などを見ていきましょう!

湯涌温泉の総湯でしか味わえないおすすめの限定アイスとは?

スポンサーリンク

img via https://mainichi.jp/articles/20170715/ddl/k17/040/290000c
金沢ゆず×ジェラート大使「柴野大造さん」のコラボアイス !

柴野さんといえば、石川県能登町出身の日本を代表するジェラート職人で特に石川県内ではご存知の方も多いかと思います。⇒ジェラート大使について詳細はこちらの記事をどうぞ!

今では全国規模でジェラート職人の育成やショップ開業を手がける柴野さん。

湯涌温泉が開湯1300年を迎えるにあたって、新たな特産品として伝統行事の氷室開きにちなんだ「氷室氷菓(ひむろひょうか)」の販売を開始しました。

湯涌温泉でしか食べられない3種類のソルベとジェラートは全て地元産の「金沢ゆず」入りです。

ぼんぼり祭り点灯式は点灯ギリギリに到着したので生憎,柴野さんの「イリュージョン」パフォーマンスは見られませんでしたが、お目当ての限定アイスをゲットできました 😛 

 

おすすめ「氷室氷菓」のフレーバーの価格や販売場所は?

Photo by Satty @ISHIKAWA 19

新発売のソルベ「氷室氷菓」の味は3種類 💡 

左から「ホワイトチョコレート柚子味」(350円)、「柚子味」(300円)、「柚子とリンゴとバジル味」(300円)です。

*全て税込みです。

ちなみに、パッケージのデザインは湯涌温泉と縁のある画家で詩人の竹久夢二の作品、千代紙「蔓草(つるくさ)」をあしらったそうです。大正モダンな感じで可愛らしいですね!

photo by Satty @ISHIKAWA 19

サイズは内容量90 mlと普通のカップサイズになります。

今回、実食したのはー・・

ホワイトチョコ柚』と『柚子・バジル・林檎』です 😀 

『柚子」味もこの際食べたかったのですが・・こんな時に限って小銭が足らず、買えませんでした(恥)

どちらも食べた事無い味でワクワク♪

それにしても「バジル」って・・・!

ちょっと不安になってしまいます 😕 

が、

不安をひっくり返すかのようにサッパリしていて美味しい!「柚子・バジル・林檎」はソルベなのでシャーベットの様な食感でした。また、刻まれた「バジル」はかなり強い個性といえば個性ですがフレッシュなので”良い個性”になっていて、リンゴがいい感じの甘みを出しつつ、柚子とバジルを中和させていて、上手い事マッチしているな〜!と思いました。

サッパリ派の新しい味を発見したい人にはおすすめです!

そして、今回めちゃくちゃツボ!だったのが・・・

Photo by Satty@ISHIKAWA 19

ホワイトチョコ柚子」です 😛 

見た目はとにかく真っ白ですが、実はこちらの商品だけ「柚子の皮」が使われているので、今期は個数が無くなり次第終了!という事です。

その特徴は食感が何ともなめらか〜!!

実はマルガーさんのジェラートは過去に2種類食べた事があったんですが正直、これが一番美味しかったです

理由は滑らか食感と私好みの味です。

チョコレートはカカオ74%くらいのビターチョコが好きな人なんですが、このアイスは”ホワイトチョコのビター版“って感じなんです。ちゃんと甘いんですが、柚子のほろ苦さが程よく効いててめ〜っちゃ美味しいんです!!

「チョコ&アイス好き」の方には絶対!食べてみて欲しいこの夏一番の超おすすめアイスです。

販売場所

先にも述べたように「氷室氷菓」は湯涌温泉限定販売です!

「柚子味」と「柚子・バジル・林檎味」は温泉の商店街や旅館でも購入出来ますが

「ホワイトチョコ柚子」味は総湯「白鷺の湯」のみでの販売になります。

販売期間

“今期限定”となっている「ホワイトチョコ柚子」ですが、今年は完売したら10月〜11月頃の金沢ゆずの収穫時期まで生産が出来ないとの事です。

金沢ゆずの時期になるとまた生産はある様ですよ!

「柚子」と「柚子・バジル・林檎」も同じ金沢ゆずが使用されていますが柚子果汁を使用しているため、まだ生産が可能なのだそうです。

そういえば・・・「柚子サイダー」を湯涌の総湯に来たときはいつも飲んでますが、これがお風呂上がりに最高に美味しいんです!

また、新たな楽しみが出来ました 😀 

 

金沢弁で最後に一言・・・

湯涌温泉とマルガーさんのコラボの限定アイス「氷室氷菓」はこの夏イチオシのアイスやよ〜!今回は柚子味が食べられなかったけど次回、湯涌温泉に行ったら食べてみたいわ!

「ホワイトチョコ柚子」はめ〜っちゃ美味しいから気になる人は是非、湯涌温泉に行って食べてみまっし〜!

今日も読んでくれてあんやとね!バナークリックで金沢市のブログランキングが見られるよ〜 🙂


人気ブログランキング

スポンサーリンク