金沢在住のライターによる石川県の観光や暮らしのお役立ち情報を発信するウェブマガジン

今、地元の方におすすめの記事はコレ!

松茸を凌ぐ石川県産「のとてまり」の旬や値段は?通販でも買える?

サティー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サティー
ISHIKAWA19の編集長です。 一児の新米ママでもあります! 特技は「回し蹴り」と「妄想」と「マッサージ」 好きな言葉は「ケ・セラ・セラ」です。
詳しいプロフィールはこちら

冬の石川県では近年ブランド化したばかりの「高級椎茸」が食べごろとなります。

そのお値段もお味も松茸を凌ぐのだとか!

今回は石川県産「のとてまり」が美味しく食べられるシーズンやその規格、お値段や食べ方などを一挙にご紹介したいと思います。

sponsored link

松茸を超える!石川県産「のとてまり」とは?

noto-temari

松茸を超えると言われるそのお味は!?

肉厚で香りもいいし、焼くのはもちろん鍋にいれればアワビのような食感で、1度食べたら病みつきになる。

  (のとてまり生産者の方)

食べ慣れているシイタケとはまったく異なる、弾むような歯ごたえとその直後に口の中に広がる濃厚な味。ほおの内側に吸い付くような何ともいえない食感……。

   (とある記者の方)

香りとともに味も備わっている。香りだけで味はほとんどないマツタケ以上の食材。

   (とある料理人)

と、思わず「ゴクリ」と喉が鳴りそうな口コミが多数見られます。

 

高級椎茸「のとてまり」の規格は?「のと115」とは?

2011年に初めて出荷された「のとてまり」は生産者や石川県がつくる「奥能登原木しいたけ活性化協議会」がブランド化を進めているしいたけです。

珠洲市・輪島市・穴水町・能登町の2市2町で生産されており、日本きのこセンター(鳥取市)が昭和60年代に開発した肉厚・大型の品種「菌興115」を活用・原木シイタケの品種「Noto(のと)115」として生産を始めました。

その中でも・・・

  1. かさの直径が8cm以上であること。
  2. かさの厚みは3cm以上であること。
  3. かさの巻き込みが1cm以上であること。

この3つをすべてクリアし、形が揃っていてほぼ球形であることと、割れなどが無いことも重要視されるという厳しい規格を満たしたものだけが「のとてまり」として認定されています。

そもそも「のと115」が原木1本から1つ採れるか採れないかという貴重な椎茸で全収穫量のうち、「のとてまり」として協議会が認定するのは45%程度と半分にも満たないそうです!

noto-temari-puremium

さらに2014年より『プレミアム』という最上級の格付けも始まりました。その傘の直径は10cm以上特に大きく形がよいものとされ、「山のアワビ」や「ステーキしいたけ」とも評され、厚さ、香り、歯ごたえともに抜群のスーパー高級椎茸なんだそうな。

だれか贈ってくれないか〜!?

甘エビちゃん

 

スポンサードリンク




「のとてまり」のシーズンはいつ?

winter

「キノコ」といえば秋の味覚のイメージが強いかと思いますが、実は、春~初夏に旬を迎える種類も少なくはないようです。

気温が8度くらいで発生し8~20度くらいで成長するためで、「シイタケ」もその一つ。

「のとてまり」の栽培期間は毎年およそ12月~3月末

冬にしかない厳選された生椎茸と言われています。

生産者は「子供を育てるより大変」なんだとか・・・

 

より美味しいものを食べる時は?目利きのコツ!

椎茸はかさが「つぼみ」のときに収穫したものを「冬茹(どんこ)」、開いているものを「香信(こうしん)」と言います。

この中間のものを「香茹(こうこ)」と言って、味、香りともにこの「香茹(こうこ)」がベストです。

逆に、かさは開ききってしまうとその味も香りも薄れていきます。

 

のとてまりの価格は?

price

2012年12月の初セリでは1箱(5枚入り)16,000円

2013年は1箱(5枚入り)23,000円

2015年の一番の高値は、1箱(5枚入り)でな・なんと10万円で1枚当たり2万円

さらに

2017年は17万円という過去最高値がつきました!

1枚あたりおよそ3万4千円くらいの計算になるのですが・・・

え、てか椎茸1枚でどうやって食べるのーーー????

って感じですね。汗

*あくまで、初競りの価格です。

のとてまりを使った郷土料理は?

金沢の郷土料理でいうと

nototemari-cook

img via cookpad.com/recipe/2479727

通常、鴨肉の方が「のとてまりの治部煮」や

シンプルに「ホイル焼き」にして大野のお醤油を少しかけたり、

醤油バターソテー」や「」の具にしても良いそうです 😛 

 

「のとてまり」は通販でも買えるの?

近江町北形青果で購入出来ます!

ただし、タイミングによっては販売されていない事もあるので

こちらでもチェックしてみてくださいね ^^

金沢弁で最後に一言・・・

世界最高値のぶどう「ルビーロマン」を始め、ブランド食材が続々登場する石川県。石川ならではの価値がある食材が豊かになるな事は素晴らしいけれど、一般の消費者としては「もっと手頃に楽しめたらいいがんに(いいのに)〜!」

・・・と、思ったりする。

けど、高級しいたけが産まれたのにも理由があるみたいやわ。

生産地の奥能登地域2市2町は原木しいたけの産地として栄えてきた長い歴史があって、冬場の重要な産業なんやって。

でも、過疎化や高齢化に加えて乾しいたけの価格低迷から、生産量は年々減るし、産地の衰退の危険と産地再生が課題から先般、生産者、JA関係機関、市場関係者等に行政が加わり、産地再生の取組みの核となる「奥能登原木しいたけ活性化協議会」が設立されたんやと。

石川県の原木しいたけ生産量の約7割を占めるという、重要な原木しいたけ産地を守るためにも・・・
年に一度「松茸」を愉しんでいる方はぜひ「のとてまり」に乗り換えてみて、特別な食卓を囲んでみるのも一つかもしれんね!

スポンサードリンク

今日も読んでくれてあんやとね!バナークリックで今日のブログランキングが見られるよ~ 🙂


人気ブログランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
サティー
ISHIKAWA19の編集長です。 一児の新米ママでもあります! 特技は「回し蹴り」と「妄想」と「マッサージ」 好きな言葉は「ケ・セラ・セラ」です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© ISHIKAWA 19 , 2016 All Rights Reserved.