スポンサーリンク

金沢から行くお隣さん、岐阜県の有名な観光地といえば「白川郷」がその1つですね。

今回はまだまだ県外から来られる方には知られていないおすすめのドライブコースも含めて、バスと車それぞれの時間や料金をご紹介し、あなたにあったプランニングがしやすいように情報をまとめてみました。

 

白川郷 夏

 

バスで行く場合は?

金沢から2つのバス会社が白川郷行きのバスを運行しています。

1つは北陸鉄道、通称「北鉄(ほくてつ)バス」、もう1つは「高山濃飛バス」です。

どちらも事前予約が必要となるのでその予約方法、料金や時間をご紹介します。

時間

北鉄バスは1日8本、濃飛バスは1日10本、午前は8時〜午後4時までバスの運行をしています。

移動時間は約1時間です。

 

料金

バス会社で若干値段は異なります。

金沢駅から白川郷までのそれぞれの会社の料金は以下の通りです。

バス会社 片道(こども) 往復(こども)
北鉄バス 1,850円(930円) 3,290円(1,650円)
濃飛バス 2,470円(1,240円) 4,420円(2,210円)  

 

 

予約方法

予約は乗車の1ヶ月前から30分前まで(運行会社のバスターミナルなど窓口で購入の場合)可能です。

・インターネット(WEB/ ケータイ)

・電話

・コンビニ

・窓口

の手段があります。

【北陸鉄道予約センター】TEL: 076-234-0123  (9:00〜18:00)年中無休

【濃飛バス予約センター】TEL: 0577-32-1688 (9:00~18:00)

 

 

レンタカー/車で行く場合は?

スポンサーリンク

時間

東海北陸自動車道経由だと最短約1時間で白川郷に到着しますが、 毎年6月中旬〜11月の開山中は片道だけでも「白山白川郷ホワイトロード」をドライブして行かれる事をおすすめします。この場合、金沢から片道の時間は約2時間20分かかり、有料道路なので普通車で1600円〜(車種により料金は異なります)別途かかりますがまだ白山エリアに行った事の無い方は必見の素敵なドライブコースです。
ホワイトロード

「日本の滝名選」で写真スポットの1つ「姥ヶ滝」

日本3霊山/名山(富士山・白山・立山)のひとつ、石川県と岐阜県の間に連なる「白山」と山間に深く茂るブナの原生林、美しい滝を眺めることができいつ行っても感動させられます。

 

料金

車のタイプや借りる時間、運転者の条件等にもよりますが・・・

目安として

12時間、ハイブリットカーを借りた場合は5300円(税込み)程はかかるようです。

*レンタル料金参考:ジャパンレンタカー

 

MAP

 

おわりに・・・

金沢から白川郷へ半日で観光は可能です。白山白川郷ホワイトロードへ行かれる方は出口閉門時間が午後7時( 6月〜8月)、または午後6時( 9月〜11月)なので帰りの際に通過されるかたは気をつけましょう。

また、9月11日(日曜日)は白山白川郷ウルトラマラソン開催のため、終日通行止めとなります。石川県の温泉に泊まってホワイトロードの片道無料や料金所で貰えるアンケートに答えれば白山の特産品が当たるキャンペーンも実施中なのでこちらも要チェックです!詳細は白山白川郷ホワイトロード公式サイトからどうぞ  :)

 冬期のライトアップシーズンは道路が滑りやすく危険なので雪道の運転に慣れない方はなるべくバスかツアーに参加される事をオススメします。

 

スポンサーリンク