スポンサーリンク

12月1日、能登町宇出津港で石川県の冬の味覚の1つ「寒ぶり」の水揚げがはじまりました!今年は脂の乗った約100匹が揚げられ、うち13匹が石川ブランドの「天然能登寒ぶり」のタグがつけられました。”幸先の良いスタート”だった今年、いや、来年は大人気の「寒ぶり祭り」が開催されそうな気配ですね!今回は「宇出津港寒ぶりまつり2017」の開催日や寒ぶりの解体ショーに無料のお刺身の振る舞い開始時間、アクセスなど石川の味覚イベントをご紹介します!

天然能登寒ぶりとは?

%e5%af%92%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%aa1
img via notocho.jp

江戸時代には一般に販売される前に「御用鰤」として加賀藩へ献上されていた能登寒ぶり。極寒の日本海で育った天然物は丸々としていて、身も引き締まり、刺身は脂で醤油も弾くほど最高の脂の乗りです。

能登寒ぶりのシーズンは?

毎年12月〜翌年2月頃にかけてが寒ぶりのシーズンです。

ブランド寒ぶりの規格は?

石川県漁業組合では冬季限定で品質、鮮度が良い7キロ以上の厳選したブリを「天然能登寒ぶり」としてブランド合格のタグを付けています。

 

寒ぶりまつり2017の開催日やアクセスは?

スポンサーリンク

開催日は2017年1月22日() 10:00〜15:00

会場は宇出津港いやさか広場 です。

2016年は不漁で中止になってしまったので、2017年は開催されるといいですね!

ちなみに、駐車場は2カ所あります。

1.コンセールのと駐車場

2.宇出津港駐車場(能登高校向かえ)

どちらも無料のシャトルバスが出ているので、そのバスで会場に向かってください

 

寒ぶりの刺身の振る舞い開始時間はいつ?

%e5%af%92%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%aa2
img via notocho.jp

「能登寒ぶり解体ショー」の開始時間10:30からですよ〜!

%e5%af%92%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%aa%e2%91%a3%e5%88%ba%e8%ba%ab
img via notocho.jp

そして、捌きたての寒ぶりのお刺身は2度ふるまわれます

11:30〜

13:30〜

身が分厚くて脂がのって美味しそうですね 😛 

そして、こちらがチラシです⇓

img via notocho.jp
img via notocho.jp

オープニング (10:00 )弥栄(いやさか)太鼓の演奏や

①11:00~と②13:00~のひだまりJAPANによるライブも見逃せませんね♪

 

宇出津港直送鮮魚市での支払い方法や発送は?

会場内の「宇出津港直送魚市」ではぶりだけ無く様々な能登の海鮮が販売され、「グルメテント村」でもぶりしゃぶ、ぶり汁、串焼きに御飯ものなどさまざまな冬の味覚が楽しめます。

お支払いは基本的に現金のみなのでお気をつけ下さいね。(事前に現金をある程度ご用意して行かれた方がいいです。)

また、会場で購入された寒ブリや鮮魚はクロネコヤマトの宅急便で全国に発送もできます

★能登空港への航空券と宿泊がついているお得な「能登の寒ぶりツアー」パッケージはこちらからご覧頂けます★

おわりに・・・

当日は天候も雪で会場は寒くて足下も悪くなる可能性があるので十分に温かい格好でお出かけ下さいね!

また、無料で振る舞われるぶりのお刺身の切り身も無くなり次第終了なので会場へは時間にはゆとりをもって行かれるといいですね。

 

最後迄、お読み頂きありがとうございます!ブログランキングに参加しています「1クリック」で応援、宜しくお願いします 🙂


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク